会長メッセージ

中部地域協議会会長 猿渡 智佐登

中部地域協議会
会長   
猿渡 智佐登

中部地域協議会会長の、猿渡 智佐登でございます。
日ごろより協議会運営にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

2018年は人材派遣業界にとって激動の年。労働契約法・労働者派遣法の改正適応の年で、春からは無期雇用の推進と対応。秋からは雇用安定措置の推進と対応。そして、特定労働者派遣は9月29日を以て制度廃止。さらに、働き方改革関連法案の制定と、過去に無いほどの改正の執行の多い年となっております。その環境下で、全国求人倍率は4月時点で1.59倍、全国一位の東京(2.09倍)に次ぎ、2位から6位(福井:2.04 石川:1.98 富山:1.97 岐阜:1.97 愛知:1.95)まで中部協議会のエリアの県が占めており、あとの3県(三重・静岡・長野)も全国求人倍率より上回っております。

以上のように中部の労働市場は、更に売り手市場の様を呈してきておりますが、中部地域協議会では、一般社団法人 日本人材派遣協会と連携をとり、激動の労働市場で適正な業務推進を図るべく、会員の皆様に寄り添って、また、人材派遣業界で働く若い世代の皆様にとっても有意義に感じていただける組織運営が出来ますよう、交流の場、研鑚の場、情報発信と今まで以上に連携を深めて参ります。

求職者の皆さまから信頼いただき、派遣業界に関わる全ての方たちが、より一層の輝きを以て「自分らしく在る社会」を目指し、会員の皆様と共に明るい未来を描いて参りたいと存じます。

2018年6月21日